HOME>ホットトピックス>安全安心な家に住むための様々な工夫を紹介

安い住宅価格には必ずデメリットがある

電卓

健康住宅というのは、長らく住むために安全な技術だけで構成された家のことです。住宅購入というのは一世一代の買い物のため、基本的には予算が許す範囲で低価格であればよいと考えてしまいがちになります。ただ低価格というのはしっかりと内容を精査しないと、後々自分にとってマイナス面が発生してしまいます。どんなマイナス面があるのかというと、一番は住宅を安く仕上げるのに本来必要ではないことを行っている場合です。

外国産木材と薬品を用いられている

一軒家

その中身が悪い理由として挙げられるのが、外国産木材と薬品を用いられるということです。自由貿易によって外国産の木材が日本に輸入されていますが、長い道のりで腐らないように防腐剤を塗られている場合があります。さらに住宅の壁や材質にも薬品や化学製品で構成することによって安くする代わりに、どうしても長らく住むと身体に悪影響を及ぼすのです。それを無くしたのが、今回のテーマの健康住宅になるのです。

地産地消で住宅を建てる

健康住宅というのは、まず安い外国産木材を使用せずに国産の木材を使用して家を建てます。国産を使うことによって長い移動距離を考えずに使用するので、外国産と違って防腐剤を使う必要が無くなるのです。そして外壁や家の構造にも、余計な薬品や化学製品を使わないので体に優しい住宅になります。

アレルギーへの対策に有効

健康住宅のメリットは、室内の温度管理がしやすいことそしてアレルギーに対して有効ということです。健康住宅は夏場は涼しくそして冬場はあたたかく設計することで、この時期に過ごす際の体の影響を最小限に食い止めます。そのために住宅の至る所に、天然素材の断熱素材を用いることで温度を一定にして過ごしやすくするのです。さらに薬品や化学製品を使わないことによって、子供がいる過程にとって厄介なシックハウスによるアレルギーのリスクを無くします。

広告募集中